上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
久しぶりに日記でも書こうかな。
今日は、最近おもう「チームで動くこと」について

航空会社の商品、その一つが「時刻表」。
時刻表には、便名、出発時刻・到着時刻、運賃など、いろんな情報が書かれている。
航空会社は、安全かつ時間通りにお客様・貨物を目的地までお送りすることを、
時刻表をもって公に宣言している。

「飛行機が1便とぶ裏側にはいくつもの職種の、そして多くの人が関わっている」、
とよく言われるけど、最近、毎日のルーティンワークのなかでよく感じる。
パイロット、CA、整備、管制、旅客、グランド、ディスパッチ、コントロール、
営業、業務、空港整備、航空局・・・。

それぞれの職種の人たちが専門性を高め、それが1便の運航に集約される。
結果はすべて安全運航、定時運航に現れる。

しかし、その専門性が時として裏目にでることがある。
それぞれがプライドをもって仕事をしているため、
ひとつの問題が起こると意見が分かれることがある。

きょうの出発が遅れたのも、意見がぶつかりあったのが原因。
そういう場合は、どんなときも機長の判断が最も尊重されるけど、
今回は、ある部署が機長の判断に対してアクションを起こさなかった。
内部事情ははっきり分からないけど、結果からみれば機長の判断を無視したことになる。

結局、出発が遅れたことによりお客様にご迷惑をおかけしてしまった。
機長の気分を害し、安全運航を阻害する要因を作ってしまった。

整備やっててもそうだけど、専門性を深めプライドを持つがために、
自分たちが中心でうごいている、と錯覚してしまうことがる。
みんなあくまで安全運航の歯車であって、その最終決定権は機長にある。
今回の件で、その秩序を乱したことに気づいていなければ、その部署は問題だと思う。

僕らは安全運航、定時運航のために「チームで動いている」ということを忘れてはいけない。
スポンサーサイト
2010.10.09 Sat l Daily l top ▲
弟が航空大学校に入学した。
入学式に参加した両親は、名前が呼ばれたときの弟を見て、
「1日でだいぶ変わった」と言っていた。

入学式を前にだいぶ絞られたんだろうな。
訓練大変だと思うけど、前向きに、楽しむことを忘れずに頑張ってな。

弟を見てて、なんか僕も再燃してきた。でも、
お金もないから、国内でライセンスを取るのは不可能と思われ、
仕事もあるから、海外でライセンスを取るのは不可能と思われ、
各社の契約自社養成は、しばらく採用がないと思われ・・・。

でも数年後、また必ず波がくる。
ちょうど一整の資格を取れるころくらいかな。
その波に乗れるように、いまは仕事と一整の勉強をがんばるしかないんだけど。
2010.06.02 Wed l Daily l top ▲
ふとした出会いで、遠距離から始まることになった。
毎日会いたいのに会えないのは辛いけど、
久しぶりに会えたときの嬉しさは、たまらない。

飛行機を使わないと行けないし、お互いの勤務を考えると、
行けても月3回くらいかな・・・。

次に会える日があるから、仕事もがんばれる。
彼女もそう言ってくれた。
だから僕は、次に会う日を必ず約束してから帰る。
これも遠距離ならではって感じかな。
2010.03.31 Wed l Daily l top ▲
一番下の弟が第一志望大に推薦合格した。
僕も、2番目の弟も、父さんもできなかった現役合格。
電話で話してたら、それが本当に嬉しい様子。
よかったな!おめでとう!
学生生活は楽しいぞ!

そして、いつだったか僕は弟と約束していたことがあった。
「大学に現役合格したら、兄ちゃんの車ちょうだい!」
ノリで「いいよ~」って言ってしまったんだよなぁ。
なんか、それもあって勉強がんばったらしいから、
今さらチャラね!とは言えない。

大学1年の時に新車で購入した車。5年ローン。
7年間、僕の20代前半をともに生きてきた相棒だ。
一言では言えないくらい、たくさんの想い出を一緒に作ってきた。
別れるのは本当に淋しい。
弟とも仲良くするんだぞ。弟にも優しくするように言っておくから。

そんなわけで、秋の車検までに弟に車をあげる。
そして、僕は、新しい相棒探しを始める。

最近は2番目の弟が航大に合格、末っ子の弟が大学に合格。
流れがきている。うん、確かにきている。
僕も??
来週、ちょっと遠くへデートなり。飛行機、ちゃんと飛んでくれよ~!
僕も合格できるかな・・・。
2010.02.12 Fri l Daily l top ▲
弟が航空大学校の最終選考に合格した。
パイロットへ歩み出す権利を得た。
本当におめでとう!

歳も2つしか変わらないから、ちっちゃい頃からずーっと一緒だった。
ケンカした記憶もそんなになく、ずっと僕の後ろをついてきた気がする。
習字も、ピアノも、バスケットも僕のまねをして始めた。
中学も、高校も、同じ学校を受験して入った。
大学こそ違ったけど、パイロットという目標は同じだった。
そんなに人の後ろをついてきたら、自分の人生を見失うよ、
とアドバイスしたこともあった。

そんな弟が、今日、僕を超えた。
これが弟の人生。
おとなしい性格の裏には、パイロットに対する熱い想いがあった。
最終面接の話を聞いていたら、「こいつはいいパイロットになるなぁ」
って心から思った。

弟から合格の報告をもらったとき、最初の一言は「ありがとう」だった。
僕のアドバイスを、真剣に受け止めてくれていたそう。
社員優待航空券を使えたことも、本当に感謝していた。
僕はなんていい弟を持ったんだろう。
本当に嬉しい。本当に。

パイロットになるには、これからが本当に大変だはず。
勉強する量も半端じゃないし、スキルも、メンタルも身に付けないといけないし、
チェックのプレッシャーも相当なものだと思う。

絶対あきらめるなよ。
そしていいパイロットになるんだぞ。
2010.01.29 Fri l Daily l top ▲
寒い。
今日は仕事休みだったけど、寒すぎて外に出る気もおきない。
食事は冷蔵庫にある食材をかき集めて作った。
明日は雪かなぁ。
飛行機の除雪、やりたくないなぁ。。。

弟が航大の航空身体検査に合格した。
ホントおめでとう!!
初めての身体検査だっただけに、結果が良くて安心したそう。
そりゃそうだ。身体検査で落ちたら、パイロットの道は危ういもんな。
でも、航大は基準が厳しいのに、通過するってことはよっぽど健康なんだろうね。
自信もっていいんじゃない?

弟も着実にパイロットに近づいてるんだなぁ、と実感。
僕もがんばろう!!

次は最終試験、宮崎本校だな。がんばれ!!
2009.12.18 Fri l Daily l top ▲
「このWARNING(警報)がなったら考えられる不具合は?」
「燃料は何を入れるの?規格は?性質は?引火点は?」
「このボルトの材料は何?どうしてこの材料を使うの?」

最近、上司や先輩からこんな感じで飛行機についてよく質問される。
先輩としては後輩を育てたいし、会社としても早く一等航空整備士を育てたいわけ。
聞かれて分からなければ、教えてくれることもあるし、宿題になることもある。
まあ、大体は答えられないから宿題になるんだけど。。。
その度に勉強するし、前もって勉強もする。

このまえの質問は、「TCASって何?」という質問。
「TCAS」というのは、上空で航空機同士の衝突を防止するために警報を発したり
回避指示をするために、飛行機に搭載れているシステム。
この「○○のシステムって何?」という手で質問されるのが一番難しい。
質問は短いくせに、答えは「名詞だけ」で答えることができない。
システムを理解したあとに、頭の中で整理して、
相手に分かりやすく説明しないといけない。

そして僕はしどろもどろ、勉強した記憶を辿って整理しながら質問に答える。
システムの目的、構成、種類、表示方法、通信条件、許容誤差・・・
僕の回答に先輩は、

「2年目にしては、まあ90点ぐらいだな」

よっしゃ!!
2009.11.29 Sun l Daily l top ▲
ふと思ったこと。
あの道に進んでたら今ごろどうなっていたかな~、って思ってたけど
結局この道はあの道とつながっていた。

一方は再建、もう一方は再編。
ずっと同じ体制だと、この時代、生き残れないことを実感する。
変革あるのみ。仕方のないこと、歴史が証明している。
これから数年間の日本の航空業界の変革は歴史に残る。

そして変革にはリスクが伴う。
切られないように必要とされる人間になるのみ。


2009.11.01 Sun l Daily l top ▲
今日、コンタクトデビューした。
メガネを使ってて特に不自由はないし、
コンタクトで角膜が傷ついたり病気になったりすると航空身体検査でひっかかりそうだから、
ずっとメガネでいいっと思ってた。

コンタクトデビューしてみようと思ったのは、
CAに「メガネかけないほうが似合ってますよ」って言われたとか、
ゴルフのときにサングラスかけたいとか、
いろいろあるけど、秋っていうこともあるしとにかく何かを新しいことをやってみたかった。

初めてコンタクトをつけるとき、
目に異物をくっつけるんだから恐怖で付けれるかな~って思ったけど、特にそんなこともなく。
付けた時、「おお~!!」って感じだった。
メガネなしでこんなにはっきり見えっるってのはこんなに気持ちいいんだ~。
大昔は見えていたんだけど。。。

ちょっと目に違和感があるけど、メガネと同じで時間がたてば慣れるでしょう。
そのあと何度か看護士さんのご指導のもとコンタクトの脱着の練習。
初めてにしてはお上手ですね、って言われた。
消毒ちゃんとやったり、レンズつけたまま寝ないようにしたりメガネのときより面倒だけど、
角膜を痛めないようにしよう。

あと視力。
いまの仕事は生活が不規則だし、学科試験の勉強とかで視力落ちてるかもって思ってたけど、
右0.5、左0.7。屈折率は-1.00。変化なし。


2009.10.19 Mon l Daily l top ▲
弟が航大入試の航空身体検査を受けている。
僕が2年前に受けたときの話。
自社養成の身体検査は通ったのに、その10日後の航大の身体検査は落ちた。
合格ラインの違いもあると思うけど、航大の身体検査は「運」的なものもある。
弟にはホント頑張って受かってほしい。

きょうは9.11から8年。
ちょうど高3の文化祭の途中だった。台風のときだった。
あの時は衝撃だったな。映画でも見たことないことが実際に起こったんだから。

同じ会社のパイロットが言っていた。
教官に言われてシミュレーターで似たようなことやってみたけど、失敗したらしい。
かなり難しいよ、犯人は相当の腕前だって言っていた。
2009.09.11 Fri l Daily l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。